Tachikawa Cycling School FUN vol.2フランク・パターソン回顧展『パターソンとその時代』サイクル・ステーション

開催日程:2016年1月16日(土)〜3月13日(日) 9:00~19:00
※第4火曜日(1月26日、2月23日)は休館
会場:たちかわ創造舎 A棟1Fギャラリー

入場無料

0

20世紀初頭のイギリスで活躍したイラストレーター、フランク・パターソン。精緻なペン画で描かれたサイクリング画は、世界中の自転車愛好家の琴線をふるわせます。
日本ではこれまでほとんど知られていなかった、20世紀初期から中期にかけての貴重なペン画20点に加えて、英国自転車黄金期の工芸、風俗、建築などに関しての物語を、ナビゲーターの小池一介さんによる解説とともに展示します。第二次世界大戦で多数の原画が消失しているため、展示するペン画は小池一介氏が所有する当時の印刷物から選出し、複製したものです。

1
2
3

フランク・パターソン Frank PATTERSON
1871年イギリス、ポーツマス生まれ。幼少期から自然やスケッチを好み、画家を目指し地元の美術学校を経て1890年頃にロンドンに出たが、広告スタジオに勤めて家具や建物のイラストを描いて生計を立てる生活を送る。自転車を愛好した彼は、その頃自転車雑誌に送ったペン画が認められ、以降60年近くにわたって多数のペン画を描き続けた。1898年、イギリスの片田舎サセックス州に移り住む。廃屋を修繕し自給自足で暮らす。1952年、死去。

ナビゲーター

小池一介 Kazusuke KOIKE
イギリス留学中、サイクリングに現地のベテランと本格的に取り組み、乗り物についての造詣を深めたエンジニアであり自転車研究家。自転車遊びに独特のスタイルを持ち多摩丘陵をベースに生活を送っている。
ブログ:「英国式自転車生活」

Tachikawa Cycling School とは

たちかわ創造舎では、スポーツサイクルを安全に楽しむためにレベル別のサイクリング・スクールを開催します。
スポーツ、街乗り問わず、自転車の乗り方を基礎から教える【BASIC】
テーマやグッズに注目し、自転車で遊ぶ方法を伝授する【FUN】
レースやロングライドの経験者に向けた専門的な講座【PRO】