立川シアタープロジェクト&ファーレ立川アート ミュージアム・デー2021春なぞとき野外劇『ファーレの国のアリス』上演
イベントコミュニティ・デザインTheatre Ort風煉ダンス鮭スペアレ


※新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言中での開催となるため、中止させていただくことになりました。 楽しみにしていただいていた皆さま、大変申し訳ございません。
なお、なぞとき野外劇『ファーレの国のアリス』は、2021年10月に開催する「ファーレ立川アートミュージアム・デー2021秋」で開催する予定です。

開催日時:2021年3月6日(土)11:00/15:00
集合・解散場所:立川高島屋S.C.北側 赤い植木鉢作品前
※雨天の場合は7日(日)に順延

109点のパブリックアートが楽しめるファーレ立川街区全体を舞台に、“謎解き”と“街歩き”が楽しめる「なぞとき野外劇」を上演します。ファーレの国に迷い込んだアリスは、魔法使いによって赤い大きな鉢に閉じ込められてしまいます。魔法使いの留守に助けにやってきたのは、アリスがお茶会で友達になったファーレの国の住人たち。けれど、魔法の書「グリモワール」の謎をとき、ファーレの国に隠された「解放の呪文」を見つけ出さないといけません。
あなたもファーレの国の住人たちと一緒に、4つの呪文の言葉を探し出し、アリスを助けてください!

※なぞとき野外劇『ファーレの国のアリス』は、立川シアタープロジェクト主催演劇公演「子どもとおとながいっしょに楽しむ舞台vol.5」と、ファーレ立川アート管理委員会主催「ファーレ立川アートミュージアム・デー 2021春」との協働企画です。

時計ウサギを追いかけているうちに、ファーレの国に迷い込んでしまったアリス。アリスはファーレの国の住人たちと友達になろうとお茶会を開くことにしました。

そこに、招待されなかったことに怒った魔法使いがやって来て、アリスを連れ去り、赤い鉢の家に閉じ込めてしまいました!

アリスと友達になったファーレの国の住人たちは魔法使いをおびき出し、アリスを助けるために赤い鉢の家に乗り込みますが、そこに待っていたのは4つの謎でした。

日時

2021年3月6日(土)11:00/15:00(所要時間は60分を予定)
※雨天の場合は7日(日)に順延
※参加無料

定員

各回50人(グループでの参加も可能です)
※当日10:00から立川髙島屋S.C.北側 赤い植木鉢作品前にて2回分の整理券を配布、定員になり次第配布終了。

集合・解散場所

立川高島屋S.C.北側 赤い植木鉢作品前

脚本・演出

倉迫康史(たちかわ創造舎チーフ・ディレクター/Theatre Ort)

出演

岩倉真彩、大谷昌史(以上、Theatre Ort)、木谷美絢、
清水いつ鹿(鮭スペアレ)、林周一(風煉ダンス)

声の出演

平佐喜子(Theatre Ort)

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応のため、イベントが変更となる可能性があります。最新情報はHPやFB等でお知らせいたしますので、ご確認いただけますよう、お願いいたします。

野外劇についての問合せ

たちかわ創造舎
Tel.042-595-6347(平日9:00 ~17:00)
info@tachikawa-sozosha.jp

ファーレ立川アート ミュージアム・デーの詳細はこちら

HP
Facebook

主催

立川シアタープロジェクト実行委員会(立川市、立川市地域文化振興財団、NPO法人アートネットワーク・ジャパン)
ファーレ立川アート管理委員会

協賛

株式会社共立

企画・制作

たちかわ創造舎

「立川シアタープロジェクト」とは
2016年よりはじまった、立川市、立川市地域文化振興財団、たちかわ創造舎(企画・運営:NPO法人アートネットワーク・ジャパン)が連携して展開する、演劇で立川を盛り上げるプロジェクト。立川市内を中心に、質の高い演劇作品・演劇空間の創造と発信、世界にはばたく人材の育成を目指した活動を行っています。
※詳しくはこちら