立川シアタープロジェクトpresents子ども未来エンゲキ部~ダンス編~「たちかわダンス・シード・マップ」
ダンスを「踊る!」「見る!」から、「つくる!」楽しみへ。
街にひそむダンスの種を発見して、ダンスをつくろう!
ワークショップ立川シアタープロジェクト

立川シアタープロジェクトがお届けしている「子どもとおとながいっしょに楽しむ舞台」シリーズの関連企画として、プロのダンサーと一緒に演劇的なダンスを創作するワークショップを開催します。完成した作品は、2022年2月12日に、たましんRISURUホール・小ホールで発表します。

申込みフォーム

内容

自分たちが暮らしている環境や生活の中で、ダンスが生まれるきっかけとなる「種」を見つけ出し、それを体の動きで表現し、一つの作品に仕上げます。

会場

立川市子ども未来センター・スタジオ
たましんRISURUホール・展示室,小ホール

スケジュール

全5回
【1回目】 @たましんRISURUホール・地下展示室
 1月29日(土)13:30〜16:30
【2回目】 @子ども未来センター・スタジオ
 2月5日(土)13:30〜16:30
【3回目】@子ども未来センター・スタジオ
 2月6日(日)13:30〜16:30
【4回目】 @たましんRISURU・小ホール
 2月11日(金・祝)13:00〜17:00
【成果発表会】 @たましんRISURU・小ホール
 2月12日(土)9:00〜16:00 ★参加必須
 *成果発表会は14:00開演予定
 *お昼ご飯は各自でご用意ください。

講師

大園康司(かえるP)ほか

対象

小学4年生から中学生まで

料金

1,500円

定員

8名 ※応募多数の場合は抽選。全5回参加できる方優先。

申込

下記予約フォームからお申込みください。
申込みフォーム
※応募多数の場合は抽選

申込締切

2022年1月12日(水) 17:00 まで

講師・大園康司からのメッセージ

みなさんは「ダンス」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
世の中にはいろんな「ダンス」がたくさんあります。テレビで流れる音楽番組、YouTubeやTikTokにアップされる面白ダンス映像、学校でもダンスを習いますね。クラシックバレエやストリートダンス、日本舞踊など、いろんなジャンルのダンスを習っているお子さんもいるかも。
ダンスは「踊る」もの「見る」ものですが、もうひとつ大きなダンスの楽しみかたがあります。それは…ダンスを「つくる」こと。
上に書いたようないろいろな種類のダンスも、最初は誰かがどこかでつくったダンスが踊られて、みなさんに見られています。踊ることと見る・見られることと同じくらい、ダンスをつくることは楽しいことです。
ではどうやってつくるのか?実はダンスをつくるための種は、自分たちが暮らしている街のなかにたくさん溢れています。家、学校、スーパー、駅、図書館、公園などなど。
今回は、そのような場所にこっそり潜むダンスの「種」をみんなで探し、種を育ててダンスをつくるというチャレンジをしたいと思います。種を探して、蒔いて、育てると、むくむくダンスが生まれてくる。
自分たちが見つけた場所、少し不思議な空間や時間が、ダンスになって生まれ変わる瞬間を味わいたいと思います。
ご参加をお待ちしています!

大園康司(かえるP)

大園康司と橋本規靖が2010年に結成したダンスユニット。ダンスの根源を探ることをテーマに作品創作に取り組む。酔っ払いから子どもまで、一緒に楽しむ場をつくりながらダンスを踊る。ダンス作品の創作・上演のほか、小学校やまちづくりコミュニティの現場などで幅広い年代を対象としたワークショップ・アウトリーチなどを展開している。今年から東京・札幌の2拠点での活動をスタート。
第4回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞受賞。横浜ダンスコレクションEX2016コンペⅠファイナリスト。これまでの主な作品に「スーパースーハー」「パーフェクト」「The Sun」「PAP PA-LA PARK/ぱっぱらぱーく」など。

主催

立川シアタープロジェクト実行委員会
(立川市・立川市地域文化振興財団・NPO法人アートネットワーク・ジャパン)

共催

株式会社合人社計画研究所

企画・運営

たちかわ創造舎

問合せ

たちかわ創造舎
Tel.042-595-6347(平日9:00 〜17:00)
info@tachikawa-sozosha.jp